野菜と魚が癌から体を守る

今回は、癌に良い食事や癌を予防する食事についてわかりやすく解説していきます。

体に良いと良く言われている野菜や魚がなぜ体に良いのか?と思ったことはありませんか?

野菜といってもたくさんの種類が見受けられますが、共通している点が一つあり、自ら野菜は自分を守るための成分である「ファイトケミカルス」という野菜だけが持っている、抗酸化作用成分があります。

これが人間の細胞を守る成分に似ているらしく、豊富な栄養源になり、癌をやっつける細胞の手助けをしてくれます。

日頃、人間の体には癌細胞が作られてしまいます。

しかし、この癌細胞をやっつける細胞のおかげで、人間は癌にならずにすむので、健康的に日々の生活を行えるのです。

そして、この野菜の「ファイトケミカルス」は野菜の外の部分に多く含まれているので、気をつけることは野菜だと皮の部分を食べることで、より癌を予防できる食生活となり、健康的に過ごすことができます。

次にお魚ですが、魚もなぜ体に良いのかと思ったことはありませんか?

お魚には、貴重な油が含まれており、これを「DHAやEPA」と言います。

一度を着たこともあるかもしれませんが、これはサプリメントなどで摂取するのはあまり、良くありません。

新鮮なお魚を食べることで、新鮮な魚の油を体に運ぶことができ、この「DHAやEPA」が野菜と同じように抗酸化作用もある成分で、主に頭に送られる栄養源ですが、癌細胞を作ることを予防し、結果的に体を癌から守ることができます。

このように、体に良いという食品であっても、新鮮な食材が一番のポイントであり、もう一つのポイントはこの栄養源は熱に弱いので、あまり加熱調理をしないのもポイントの一つなので、この二つのポイントを押さえてこれらの食品を日々の食生活に取り入れましょう。

>>口コミ高評価のフコイダンサプリは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です